vs 群発頭痛 ブイエスのつぶやき


by gunpatsuhp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

薬の承認

1月 26日

今日は日ごろのどうしようもない肩こりを癒すために久方ぶりに得意のスーパー銭湯に。いやー、やっぱしサウナはいいやね。頭痛から首・肩のコリへとつながってくることは多々あるが、その逆はあるのかいね?

今日も新聞。連日の医療ネタである。昨日の朝日新聞の朝刊の社説で肺がん用の抗がん剤「イレッサ」が取り上げられていた。ご存知の方も多いと思うが、この「イレッサ」副作用とみられる国内の死者が600人近くのぼってっているらしい。この件で、厚生労働省の討論会で当面は注意しながら使い続けてよいとの結論を出したと。
亡くなった人がいる一方で仕事復帰した人もいるらしく、ほかの抗がん剤が効かない末期の患者用に夢の新薬として迎えられ、手軽な飲み薬ということで必要以上に広く使われ、それが多くの死者につながったのでは。と指摘されているらしい。
普通の薬は
1.安全性をみる
2.少数の患者を対象にこうかを調べる
3.大勢を対象に有効性をみる
と3段階の臨床試験を経て承認されるらしいが、抗がん剤の場合、第2相でガンの縮小効果が認められれば承認できるんだって。延命効果を調べる第3相はその後でよいらしく。欧州では「イレッサ」の効果が期待できずに製薬会社は承認申請を取り下げたんだって。
社説の最後にこう締めくくられている。新薬の研究開発が進み新薬が次々に登場する時代である。多くの人が使う前に安全性を確認した良薬を送り出したいと。
これは決してひとごとではなく、風邪薬一つにしても頭痛の薬にしても・・・
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-01-26 00:00 | 頭痛ネタ