vs 群発頭痛 ブイエスのつぶやき


by gunpatsuhp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2006年 01月 12日 ( 1 )

ノスタルジア

1月 12日

去年の夏に開業した つくばエクスプレス

c0009505_224735100.jpg


この電車は、車掌がいないワンマン運転
ホームのドアと電車のドアの開閉が自動
(運転もほとんど自動らしい)
電車の速度は時速130キロとかなり速く
高架を走るのでとても爽快。

なかなかやるじゃん、TX。(^o^)丿
と思いきや。


秋葉原の駅の深いこと深いこと。
なんとかせいっ!ちゅうねん(-_-メ)

いくらエスカレータを上ろうが
いくら頑張って走ろうが

どこまでいったら出口なんか?!
ってなもんで。

ま、秋葉の地下じゃ、しゃーないか。
と思いつつ。




テレ朝をたまたま見てたら 世界の車窓から で
バンクーバーのスカイトレインやっていて。


思わず、おぉ、懐かしいぃぃと見入ってしまった。

この電車のすごいところは
完全に無人運転しているってこと。
しかもたったの5人で制御しているらしい。

駅にも誰もいない。
改札なんかスル~パス。
だから、たまに変なのも乗ってて。
お前絶対払ってないだろう!みたいなのも(^_^;)
でも治安がいいから、結構大丈夫。

バスの運ちゃんに
『とらんすふぁ、ぷりーず』
と言うと、約90分間有効のチケットをくれるので
休日などは、スカイトレイン、市バス、シーバス
全部それで乗り放題。

たまーに係員が抜き打ちをしていて
バレると大変なことになるらしいけど。。。

スカイトレインって言うくらいだから
当然、こちらも高架を走っているわけで、眺めもよく。

なかなかやるじゃん、カナディアン。(^o^)丿
と思いきや。




バンクーバー ~ トロント間を3泊4日かけて走る
大陸横断鉄道のカナディアン号の悠長なこと・・・

グリーン車超の椅子に座って、のんびりと長旅は
カナディアンの憧れのひとつらしく
出だしこそ
『わはは、こりゃぁ、優雅ですなぁ。』
ってな感じだったが。


ロッキーの山越えで疲労が重なったのか
はたまた大平原を走り飽きたのか

引っ張る機関車のチンタラてれんこが始まり
そのうち、ビクともしなくなり、ぶっ壊れて立ち往生。
代打も来ずに、一体なにやってんだよ(--〆)状態。

そんなんだからダメなんだ!
もっと気合入れて整備しとけよっ!
みたいな。


でもまぁ
よく考えてみれば。


ゆっくり
そして
のんびり


誰もが平等に与えられてはいるけれど
一度使ったら決して取り戻すことができないもの。
いや、使わなくても取り戻すことができないもの。

お金みたいに、使い・使われ
世の中をぐるぐると廻り回りまわっているものに対し

もしかしたら、
一番無駄にしてはいけないものなのかもしれない
限られた『時間』というものを
じっくり優雅に贅沢に。


そんなのも、たまにはいいのかもしれない。

それを味わうには少し早過ぎたのかもしれないけれど。
もうちょっと、大人になってからでよかったのかなぁ。
とか、今になって少し思ったりするが。
まぁ、帰り道は当然、飛行機に乗ったんだけど。。。



このせわしない日本にいるとつい・・・
あ~、どっかでのんびりしたいなぁ
と、思ってしまうのである。


なんだかノスタルジックな気分になってしまい
ついダラダラと書キクケコ・・・
[PR]
by gunpatsuhp | 2006-01-12 00:00 | なにげない日常