vs 群発頭痛 ブイエスのつぶやき


by gunpatsuhp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:おいC級グルメ( 21 )

どて焼き


わしが大阪でどうしても食いたかったもの。
それは『どて焼き』である。
なんてったって、見たことも食ったことないもの。


そんなわけで事前に下調べをしていたところがココ。

c0009505_22291578.jpg

よかろ


ココだけは、なにがあっても行きたかったお店
繁華街からちょっと遠ざかるんだけどね。

人のよさそうな旦那と若旦那が優しくお出迎え。
なんだか、大阪のせわしない感じとは遠くかけ離れた感じに
とても落ち着いてしまう。。

メニューもなく、カウンター内にはおでんとどて焼きが。
なにはともあれ、まずはどて焼きを注文。



どて焼きはよかろで食うと心に決めてはいたものの
串カツの八重勝で我慢しきれず食ってしまって・・・
c0009505_2237715.jpg

これね・・・

正直なところ
(あれ?どて焼きってこんなもんなの??)
って感じではあったのだが。

念のため、フグの勇吉で
『どて焼きってどこもそんなに変わらんもんですか?』
と、聞いたところ

「そうですねぇ・・・中にはこんにゃくとか玉葱とかが刺さってるところもありますけどねぇ、味はどこもそんなに変わらないですかねぇ、私はどこも好きですよ」

え?玉ねぎ?!ふーん、そうなんだぁ。。
(これからよかろで食おうと思ってたのに、ちょっとショック・・・)



そんなわけでドキドキしながらいただきます。
(肝心要の写真また撮り忘れた・・)

まぁ、昨日今日来たワシが
大阪フードになんだかんだ言うのもなんなんだケドね。

それでも、あえて言わしてもらいます。
結論から言いますとね

是非、よかろさんのどて焼きを食ってください!

これだけですわ。
後はそれぞれ好みの問題もあるだろうし
「庶民的なのがいいんや。」
って方はそれもその通りだろうし。

ついでに、もう一言二言、言わせてもらいますとね。
「どて焼きはあんまし食わへんなぁ」
って大阪人の方も、食えば絶対違いがわかるで。
正直言って、全くの別もんでしたわ。
必ずわかりまっさかい。

スジ独特のくにゅくにゅした食感がなんとも言えず。
味噌の少し煮詰まったところも、変に甘ったるいわけじゃなく
まろやか~なドテ加減(ダシ)がじんわり。
さらに、スジのまわりの肉のジューシーな感じも
絶妙に口の中にじゅわーっと広がり。

うははは。
たまらん。。
まったり。。。

これぞ想像していた、いや、想像を超える、どて焼き。
あぁ、これだ、大阪に来て一番興味津津だった、食いたかったもんは。。

ちなみにおでんもいい味だしていて。
c0009505_22303489.jpg

『大阪ならではの種ってなんですか?』
で、出てきたのは「梅焼き」という練り物。

まぁ、はんぺんのような、さつま揚げのような、かまぼこのような
普通のおでん種の一つではあるのだけれど
これまたいい感じ。

よかろ
是非、また行きたいお店である。
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-10-19 00:00 | おいC級グルメ

ぐ~ふ~


少しだけお休みしたら、あたりはもういい感じに暗くなってきて。


c0009505_22533665.jpg

おぉ、これよこれ!
これを見ると
♪貸した金返せよ~
でおなじみの
ナニワ金融道を思い出してしまう。。

やっぱりね、大阪と言えばメインはてっちりっしょ。
ホントはもう少し寒くなってからが本番だと思うんだけど。

でもね、ふぐは高いのさ。
「出世したらフグを食うねん」って関西人の方は言うらしいけど

出世してなくても、美味しいもんは食べたいねん。。
ぐ~ふ~くらい食べる金は持ってんねん。。

『せやかて、ブイエスはん、ぺ~ぺ~やろ?!』って、ばかにすんな。

別に帝国金融はんに手ぇ出したわけやおまへんで。
ただ単に、めっちゃ安い店を探したからやで。(笑)

そんなわけで、天然のトラフグを使ったてっちりが
1人前1580円という激安価格で食べられる店 勇吉 に。


c0009505_22535398.jpg

てっさ

普通のお魚の刺身とはちょっと違うシコシコした食感がいい。
皮もいいよね~。
もしかしたらココが一番スキかも?!
このくにゅくにゅした感じがなんともポン酢と相まって。。
まいう~!!


てっさもいいけど、やっぱりてっちりっしょ。。
このてっちりの量がすごいのさ。(写真撮り忘れた)
ぶつ切りを山盛り。
骨のまわりの脂の乗ったほっくほくの身が絶妙。。
c0009505_2254790.jpg


ひれ酒といえば、普通はアッチッチなものだが。
ココの店には冷たいひれ酒があって。
c0009505_22542347.jpg

おぉ~、確かに、冷たいひれ酒だ!
まぁ、普通にあっつい方がいいかな(笑)

〆はやっぱ雑炊でしょ。
ぐ~ふ~のおだしがいっぱい出たつゆに飯を入れて一煮立ち。
そして卵をまわしかけて、ねぎをパラパラで出来上がり。
c0009505_22543664.jpg

も~、うまいっ!
まずいわけがない。
おだしをたっぷりすった雑炊をささっと流し込む
やっぱ、関西はダシだね。。

嗚呼・・・
なんとも至福のひとときでありますなぁ。。
わし、大阪で天下取ったわ。(笑)
そんな感じ。


も~、こうなったらね、とことん行きまっせ~。
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-10-17 00:00 | おいC級グルメ

たこ焼き

まだまだいきまっせ!

・・・やっぱり、もう限界なので、少し散歩。。。


c0009505_20591251.jpg

大阪の商店街。活気があります。


なんてぶらついていると、飛び込んできたのがたこ焼き屋さん


c0009505_2113613.jpg

まだ時間も早いせいか?
そんなにどこも並んでいないんだよね。
そんな中でも少し人が集まっていたので。

条件反射的に、買ってしまった。。。

なるほど~
って感じ。

まぁ、ね、たこ焼きってさ
基本的に、お祭りの出店とかでしか食べなくってさ。
そういうときに食えば、なんとなく気分的にも美味しい気がするもんさ。
最近は、銀だことかチェーン店も結構あるしね。

そんなわけで、まぁ、どこで食っておいしいわけで
たこ焼きはたこ焼きかな。。。


c0009505_2058322.jpg

ねぎトッピングしたらたこ焼きが隠れてしまった。。


そういえば、昔、すかんちというバンドの
ローリー寺西氏がこう言ってたな。
「大阪のたこ焼きは、かりっ、とろっ、じゅわぁ。ですわ!」って。
なるほどね~(笑)

c0009505_20584682.jpg


それにしても大阪はたこ焼き屋さんが多いこと。
商店街に普通にたこ焼き屋さんがあるもんね。驚き!
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-10-16 00:00 | おいC級グルメ

肉吸い


ビールとねぎ焼きと串カツで
もう既におなかはいい感じに仕上がっているのだが

通天閣から返す刀で向かった先は
なんばグランド花月の芸人さんたちも御用達の
『肉吸い』で有名な千とせ。

肉吸いとは肉うどんのうどん抜きってことくらいしか知らないけど。
とにかく、うまそうなのであります。


c0009505_22162680.jpg

千とせ


場所は商店街をちょっと入ったところでちょっとわかりづらいかも。
店はかなり小さくテーブルが4つほど。


c0009505_22155886.jpg

これが肉吸い


ダシのきいたうどんの汁に
薄い牛バラ肉(たぶん)がたくさん。
中に卵が落としてあって。
と、中身はいたってシンプルなのだが。。

汁をすすって、肉を一口・・・

『おぉ・・・これはっ!』

なんちゅうか、ホッとする味なんだけど
真似はできないような
奥深~い味。
どこまで食っても出てくる柔らか~いお肉が
お口の中いっぱいに広がって幸せを感じられる味。
日本人なら誰もが美味いと言うような味。
これだっ!ってインパクトがあるわけではないけれども
とても優しい味。
そんな感じ。

こういうのが、また食べたいなぁ。
と思う味なんだろうね。

お腹いっぱいだったのに、ぺろりと完食。

ちなみに自分がいた間に来たお客さんは
み~んな、肉吸い食ってた。

「肉吸い、小ね」

『?!・・小って何?』

って思ったら、小ライスのことだった。
なるほど~、肉吸いにライス。
絶対合うね、間違いなし。

ライスを一口やっておだしをすする。
肉をのっけてライスを一口。
肉吸いにライスぶっこんでもサクサクいけそう。。

むぅ~、すばらしい、くいだおれの街。
夢が広がる。。

次回は是非、「肉吸い、小」で。
 
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-10-15 00:00 | おいC級グルメ

串揚げ


わしが体験してみたかったもの。

それは赤提灯のぶら下がった店で
ホッピーでも飲みながら
串揚げを頬張ること。
しかも立ち飲みで。

なにやら、大阪にはそんな店が立ち並んでいるところがあるらしいのだが・・・

そこがどこかといえば
そう、『新世界』である。

ジャンジャン横丁にある
赤提灯のぶら下がる、立ち飲み屋を覗くと・・・

ぅをっ、昼から飲んでらっしゃる。。
まぁ、人のこと言えないんだけどさ
あんたら、昼から何してんの?(笑)

とてもガイドブック片手の一見さんが入っていくような
雰囲気ではないような気がする。
かなりディープ・・・
『私、G党です』
とかって冗談も通用しなさそうである。

そんなわけで、ガイドブックとかにも
よく登場する 八重勝 に行ってみることに。


c0009505_22241742.jpg

そうそう、これよ、「ソース二度付けお断り!」
これが見たかったのさ。

残念ながら、ココは立ち飲みではないのだけれど
おぉ、これこれ、カウンターが、ばーっと並んでいて
ビール片手に 『に~ちゃん、串カツなぁ』 みたいな。

入るなり、にーちゃんら、なにか言いたげな様子だったが
まぁ、いいや。
「何にしましょう?」
ちょっと待ってよ、
勝手も何もさっぱりわからんもんで。
ケースには串に刺さったネタがところせましと並べられていて。


c0009505_22243099.jpg

「キャベツは手で取ってください」?

箸で取ったら汚れちゃうってことかな?
まぁ、ガイドブック片手に思いっきり観光スタイルなので
おそるおそる
『ビールとどて焼きと串カツください』


向こうからすると、何をチンタラしてんねん
みたいな感じなのかもしれないけど

うーん、いまいちペースがつかめない・・・

注文が入ると
ネタに衣をつけてさっと揚げていくのだけれど
その手際のいいこと。
あっという間に目の前のトレーに揚げたての串カツが。

すぐさわると串が超熱いのでそこは要注意。


c0009505_22402710.jpg

肝心要の串カツ取り忘れた・・・(^_^;)


で、味のほうはこれまた衣がサクサクのふわふわ。
さすが粉もんの本場。
そこらで食うフライとは訳が違うね。
まぁ、こういう場で食うから余計なんだろうけど
揚げたての串揚げをさくっと一口で食えるっていう
手軽さがまたいいんだろうね。

ジャポンっとソースに浸して染みうま~~!!
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-10-13 00:00 | おいC級グルメ

ねぎ焼き


わしが大阪に着いてまず食いたいもの
それはズバリ!ねぎ焼き。

ソースたっぷりのお好み焼きは
なんだかすぐに飽きてしまうのだが
ねぎ焼きはさっぱりと醤油ベースなのだとか。

以前から食ってみたいなぁと思っていたのだが
ズームイン!!SUPER という番組内で
【グルメK点越え】というコーナーがあるのだが
グルメジャンパーの荻原次晴氏がうまそうに食っているのを見て
わしの食いたいモードは全開に。
もうコリャ、行列必死のこの店で食うしかない!
と心に決めて向かった先がココ


c0009505_2244832.jpg

ネギ焼き『やまもと』

本店は十三にあるらしいのだが
新大阪の駅から行くには、ちょっと不便なので
今、何かとニュースでも名前が挙がっている
梅田のEST1にある支店に行くことに。

さすがにお昼時とあって店内は一杯だが、行列はなく、ほっ。
ほとんどのお客さんが注文するという、ネギ焼き(すじ入り)を注文。


c0009505_2253484.jpg

カウンター越しに、にーちゃんが焼いてくれる


まずクレープのような薄めの生地を焼き
鰹節の粉みたいのを振って
その上に青ネギをどっさり
そして牛すじとコンニャクの煮たのをのっけて
上から生地をまわしかける
で、上手にひっくり返し
醤油だれを塗ってレモンを絞る。

多分、こんな感じ。(←かなりいい加減。。

それを目の前の鉄板に運んでくれて。
c0009505_2254788.jpg

写真写りはね、あんまり良くなくてごめんなさいなんだケドね。。。
では、いざっ。

モグモグ・・・

『うぉーーー!』
『うんめぇ~~~~っ!!!』

表面はサックサク。
中は超ふっくら。
ちょうどいい感じに火が通ったネギからはなんともいえない甘み。
牛すじからは旨みと独特の食感が、コンニャクと絶妙にマッチングして。
ソースとは違う、特製の醤油ダレがバチコン相まって
まったく飽きずにさっぱりといただける。

いやぁ、こりゃすごい!
間違いないないよ。
ただのお好み焼きじゃねぇや。


c0009505_226116.jpg

こっちも写真はイマイチなのだがお好み焼き

ちなみに、お好み焼きもまた 『サクフワ』 である。
さすが本場
さすがくいだおれの街である。

いやぁ、ビールが進みますなぁ。


次が楽しみになってきました。
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-10-11 00:00 | おいC級グルメ

北海道土産

9月 29日

c0009505_215446100.jpg

えぇ~~っ!!トド肉の大和煮?!

トド出没注意って・・・
おもいっきり手作り感漂うパッケージ。

道産子の方って、普段からトド肉食ってるのかなぁ??
んなわけないよね。。

そういえば・・・
『北の国から』の話は置いといて。。



缶詰はいたってシンプル

そして底には、さりげなく・・・
c0009505_220320.jpg

『トド』(笑)


で、早速、空けてみることに

c0009505_2215121.jpg

おわぁ~~~~・・・
まぁ、缶詰はね、
こんなもんだわね。。

お皿にだしてみる。
c0009505_2234491.jpg

あわわわぁ・・・GEe~RIi~?!


やっぱりアレだよね。
黒いんだよね、肉が。。
猟銃で?パーン!と撃った後、どうしてんのか知らないけど
全身に血が回っちゃってるというか
獣チックな味っていうのかね。
ショウガやら味噌で独特な味をごまかしている?!様な気も・・・


これを炊き立てのご飯にのっけて
バクバクとやるのである
そうすると我輩の口の中は
竹の子のしゃきしゃきした歯ごたえと共に
トドが流氷の上で踊るような美味に包まれ
瞬く間にどんぶりの飯は無くなるのであった

な~んて、日経の夕刊の
『食あれば楽あり』じゃあるまいし・・・(笑)
(東京農業大学教授 小泉 武夫氏が連載)
(↑この人のエッセイ 大好き)


まぁ、話のタネにお一ついかが?
みたいな感じを想像してもらえれば
だいたい間違っていないと思いますよ。。。
 
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-09-29 00:00 | おいC級グルメ

ジャンCフード

7月 30日

普段はそうでもないんだけど
たま~に、ふっと食べたくなるのがハンバーガー。

モスバーガーはうまいよね。
でも食べたいなって思った時に、あんまりお店がないんだよな。。

フレッシュネスバーガーもいいなぁ。
でもちっちぇっ~~んだよな、ありゃ。

バーガーキングもうまかったなぁ。
わっぱーJr.が99㌣ 安っ!

ウェンディーズのチリもまたうまいんだよね。
あの四角い肉もいい感じではあるし。

A&Wのカーリーフライも捨てがたいよな。
沖縄に行った事ある人なら知ってると思うけど。。

ロッテリアの・・・
スマン、よく知らん。。

その中では、マクドナルドは最も有名だよな。
個人的に乾いた感じがどうも好きになれないのだが
なんだかんだで結局マック。
あのピエロスマイルにだまされているとは到底、思えなのだが。
どこ行ってもあるからな。

お気に入りはフィレオフィシュなんだけど、今日は王道。
c0009505_0343529.jpg

う~ん、アメリカン!


しかし、ビックマックも安くなったもんだ。
俺がガキの頃は確か、370円位してたと思ったが
今は250円だってよ。
まぁ、デフレスパイラルのハシリだもんね。

それにしても、マクドナルドのポテト
長いのを引くと少し、幸せな気分になれる俺は小市民だろうか??
カリカリもいいんだけど
たま~に、くたっっとなっているところがまたいいんだよね。
これがあるからカリカリも引き立つってわけだ。
いや、私的にはカリカリが
このくたっっとやわいのを引き立てているのかもしれない。

ハンバーガーをぱくつきながら、薄塩のポテトにケチャップをつけてパクリ。

休日のブランチに、たまにはいいのかも。
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-07-30 00:00 | おいC級グルメ

ホホ肉がお勧め

7月 17日

久しぶりに
c0009505_2127997.jpg


c0009505_21273176.jpg


c0009505_21275219.jpg


c0009505_2128829.jpg

ファイヤ~!!

[PR]
by gunpatsuhp | 2005-07-17 00:00 | おいC級グルメ

どじょう鍋

6月 25日

群発期間中な、とあるお昼
もはや神に祈りをささげたところでどうにもならないことを
お釈迦様より早く悟った俺は、とあるものを求めて・・・

な~んてなわけで、どじょう鍋でも。
うなぎとともに古くからスタミナ源として食べられている「どぜう」だが
うなぎほどポピュラーな食べ物ではないよね。

どじょうは、ビタミンB2・D・鉄分が多く、カルシウムは鰻の10倍と言われていて、体の疲れ・精力増進に最高で栄養価が非常に高く、病中、病後に体力快復に非常に良いとされているんだって。しかも低カロリーときたもんだ。。

ぉお~?!こりゃぁ・・・

♪梅雨になれば 気分も晴れず
 どじょっこだの 食いながら
 群発あけろと 願うべな~

かぁ?!

ここのどじょう鍋は『丸』ではなく、開いて出てくるんだけど
これがまたすごいのさ。
c0009505_2141478.jpg

どーん!どうよ、この血がしたたってる様は。

それにしても骨と内臓を取ってひらいて出てきた時に
まだぴくぴくと動いているんだからすごいよね。
とてもうまそうには見えず、、かなりグロいよ~。。

それをしょうゆ、砂糖、みりんなんかが入っている割り下の中へ
豆腐ごぼう、ねぎと共にぶち込み。

グツグツと一煮立ちすればそれでOK。
それを卵ではとじないで、すき焼きのように溶いた卵につけて食うのである。

では。
う~む、これは、まいう~だっ!
どじょうというと泥臭いイメージがあるが
山盛りのねぎがそれを消しているのか、それはまったくなく。
少しほろ苦い感じが、溶き卵(←これまた白身までもっこりしている新鮮なもの)の甘さと絡み合って絶妙である。
(ビールも飲みたくないし、苦味を補ってくれ!)
ごぼうの歯ごたえもたまらず、どじょうから出たダシと割り下を吸った豆腐もこれまたなんともいえずいい味を出している。
一体、誰が考えたんだろうね、この組み合わせは。
c0009505_21425536.jpg

ちょうどこの時期は産卵期なのか、卵を持っていてそれがまたそそっちゃうよね。
油ものってるんだろうし、まさに栄養価も高そうである。

せっかくなんで、お店の人がどっかいった隙に
鍋に溶き卵をかけまわし再び着火O--N!!
煮立たせないように軽~く卵が固まったところで完成!
それをご飯の上に乗っけて・・・
つゆだくどじょう卵丼の完成である!!
ここに粉山椒をパラッっと振りかけて、丼を抱えて一気に流し込むのである。

くわぁーー!日本人でえがったなや。。

この店、うなぎの刺身(洗い)なんかも食べさせてくれて。
(ちょっとびりっとしびれるんだよね。好みがあるかも。。)
食いしん坊万歳で梅宮辰夫氏なんかも訪れているらしく(古っ)
なかなかの名店である。

さて、昼から精力つけちゃったし、この後、どじょう(どうしよう)・・・
(だめだ、落としきれない、かなり無理があるなぁxx↑↑)



それにしても、もうすぐ2ヶ月・・・
一体どうしちゃったんだろう、俺の頭の中は・・・
どじょうが群発に効き目があるのかは定かではない・・・ 
[PR]
by gunpatsuhp | 2005-06-25 00:00 | おいC級グルメ